阿蘇氏

皇室や出雲大社の千家家・北島家と同じく神代から続く長い歴史を誇る阿蘇氏。

大宮司家である阿蘇氏

その祖は、速瓶玉命(はやみかたまのみこと)としている。

速瓶玉命は阿蘇神社の御祭神・健磐龍命の子であり、阿蘇國造として、阿蘇神社を創建した神様です。命じたのは7代目の孝霊天皇です。

時代が下り900年代(延喜年間)阿蘇神社の神官家系の宇治友成が大宮司職を世襲するようになったらしい。

健磐龍命が宇治出身なのは宇治氏と関係ありそう。

その後12世紀の惟泰の時に阿蘇姓を賜ったそうですが誰に賜ったのかな?

それから現在まで栄枯盛衰を繰り返しながらも途絶えない阿蘇家の歴史を学んでみようと思う。

健磐龍命

阿蘇神社の御祭神として有名であり、神武天皇のお孫さんで、宇治(現在の京都)からやってきて、途中で幣立神宮を建てたり、大きな水たまりだった阿蘇山の水を抜いて農耕できるようにしたりしていますが、阿蘇周辺の地名は健磐龍命のおかげでダジャレにまみれています。

速瓶玉命(はやみかたまのみこと)