阿蘇家 (阿蘇大宮司家・阿蘇氏)

阿蘇家

阿蘇家 は皇室や出雲大社の千家家・北島家と同じく神代から続く長い歴史を誇る家柄です

阿蘇家 の始まりは阿蘇国造という役職

阿蘇家 の祖は、速瓶玉命(はやみかたまのみこと)としている。

速瓶玉命は阿蘇神社の御祭神・健磐龍命の子であり、阿蘇國造として、阿蘇神社を創建した神様です。命じたのは7代目の孝霊天皇です。

時代が下り900年代(延喜年間)阿蘇神社の神官家系の宇治友成が大宮司職を世襲するようになったらしい。

健磐龍命が宇治出身なのは宇治氏と関係ありそう。

その後12世紀の惟泰の時に阿蘇姓を賜ったそうです。これはどなたから頂戴したのでしょうか?

依頼、現在まで栄枯盛衰を繰り返しながらも途絶えることなく阿蘇の系譜は脈々と受け継がれています。

そんな阿蘇家の歴史について学んでみたことをまとめていきます。随時更新されるので、ときどき覗いてくださいね。

健磐龍命(たけいわたつのみこと)

阿蘇家 が大宮司を務める阿蘇神社の御祭神として有名であり、神武天皇のお孫さんで、宇治(現在の京都)からやってきて、途中で幣立神宮を建てたり、大きな水たまりだった阿蘇山の水を抜いて農耕できるようにしたりしていますが、阿蘇周辺の地名は健磐龍命のおかげでダジャレにまみれています。

速瓶玉命(はやみかたまのみこと)

健磐龍命と阿蘇都姫命の子で、二人の阿蘇の開拓事業を継承。雨宮媛命を妻とし、10代・崇神天皇に初代の阿蘇国造に任命される。

》古墳時代

おそらく、この時期の 阿蘇家 の記録は伝承や大和王権の記録などが入り混じったりしていて本当のところがよくわからないらしい。

少なくとも景行天皇の熊襲討伐のときに、現れる阿蘇都彦と阿蘇津姫が現れるんだけど、阿蘇都彦=健磐龍命のハズなのに???となってくる。同一人物として解釈するかどうかによって史実・伝承などのバランスが変わってくるんでしょうね。日本書紀も昨今では大和王権が律令国家を目指すにあたって随分と事実と異なる部分もあるんじゃないかと言われてますからね。

言い換えれば、勝者の都合で歴史は書き換えられるのだと。

そんなこんなで乙巳の変の後にこの国が律令国家を具体的に目指し始め、それから200年以上経過した

いずれにしても、宇治友成は速瓶玉命から数えて、20代目の阿蘇国造であることされている。

国造というは古代日本の行政制度では、軍事権や裁判権をもつ地域の支配者的な役割だったが、乙巳の変以降は祭祀を行う世襲的な名誉職・神主的な役割だったようです。中央集権の律令国家を目指す調停による地方への支配力の強化だと理解すればよいのかな。

》宇治友成 20代目

宇治友成は世襲的に20代目の阿蘇国造となりました。
しかし、神主から初代の阿蘇大宮司となりました。実は兄(宇治友利)がいて、当初二人で阿蘇を統治していたようだ。。