健磐龍命

健磐龍命の物語は漫画にすると面白い

阿蘇神社の主神・健磐龍命の物語は結構面白いので、本当に漫画にしたら面白いんじゃないかと思う。神話なので解釈とか諸説がいろいろあると思います。詳しい方はアドバイスを、我々同様初心者は一例とおもって御覧ください。

京都出身

健磐龍命は山城国宇治(今の京都府宇治市)に居たようで、祖父である初代の神武天皇の命令で九州へやってきます。

阿蘇神社の大宮司家は当初、宇治氏だったので神話と史実をこのへんで調整してるのかなぁと愚察しておるわけです。素人なりに。

複数の名前を持つ

建五百建命、阿蘇都彦命、という呼ばれ方もあって、実在した複数の人物が神格化されたのだろうからいろんな呼ばれ方をするんだと思う。

Road to Aso

宮崎神社

神武天皇の名に九州へ向かった健磐龍命はまず「宮崎(神武天皇の宮跡)」に向かい神霊を祀った。これが宮崎神社の創建と言われていて、天孫降臨の地が宮崎だとか熊本だとか言われている理由が何となく腑に落ちた気がします。

その後延岡に移動し、五ヶ瀬を遡り旧御岳村(山都町)に入り馬見原に入ったそうです。

幣立神宮

そこで幣立神宮を建立し、天津神・国津神を祀ったそうです。高天ヶ原がこのあたりだと言われる理由もよくわかります。もしかしたら九州から関西へいった一族が大和朝廷を打ち立て、発祥の地を取り戻しに来たのかもしれませんね。

幣立神宮はパワースポットとしても有名ですが、物語を多少知っていると神域散策がもっと有意義なものになると思います。

阿蘇都姫命

さらに旅は続き高森町草部(くさかべ)で、命は阿蘇都姫命と娶り阿蘇都彦と名乗り、阿蘇へ向かいます。

ダジャレが多い地名

そんな時期に阿蘇都姫命との間に子供が生まれたので「産山」という地名が遺ってます。

当時の阿蘇のカルデラ内は湖のような状態で、命は田畑を作るためにこの水を排出しようとして、外輪山を蹴っ飛ばすんですがうまく蹴破れなかった、ちょうど外輪山が二重になってたんですね。

それで、その場所は今でも「二重ノ峠」と呼ばれています。

改めて西側の外輪山を蹴っ飛ばすと、上手いこと水を排出できた。

その場で転んでしまって立ち上がれなかったので「たてんの〜(立野)」だってさ。蹴っ飛ばした土くれが「津久礼(菊陽町)」と言われ、すきまができたので、すきまがある〜省略系で「すがる」▶「数鹿流ヶ滝」となったのだそうです。

熊本市内の小山と戸島山も山の破片と言われているし、合志も小石が由来なのだとか、大津の引水も関係するそうです。

排水を邪魔する大鯰をやっつけたりもします。

科学的には73,000年ほど前まで湖であり、立野の決壊で水がなくなったというのは事実らしいです。弥生時代の舟を漕ぐ櫂が発見されてるんだって。

矢村社

命は矢を射て、それが落ちたところに宮を定めた。現在の矢村社の地である。そうして定めた宮の地が、今の「宮地」の地名の由来とのこと。

この宮の近くには、「今村」「西村」といった集落ができた。そののち命は残賊を平定した。

107歳まで生きた

阿蘇地域の平定に奔走した健磐龍命は107歳で亡くなりました。

エピソード

霜神社のエピソードとか早く書きたい。