霊台橋(美里町)

美里町にある国指定重要文化財の橋です。

江戸時代の石造単一アーチ橋としては日本最大。

緑川の本流に架けられている橋です。

何度架けても流される木製の橋に悩む住民のために、砥用手永惣庄屋・篠原善兵衛が石橋架橋を計画し、自らも出資し、峙原村(美里町涌井)の伴七(茂見伴右衛門)らが補佐した。種山手永の宇助(卯助)を棟梁とし総勢72人の石工が各地より集められ、工事は弘化3(1846)年より弘化4(1847)年にかけておこなわれた。

梅雨と台風を避けて作ったので、後期は7か月程度。短期間での大工事は魂が奪われるほどで卯助は二度と石橋を作らなくなったとか。

明治時代以降も、昭和41(1966)年に上流に鉄橋が架かるまで道路橋として使用されたが、現在は観光用の人道橋となっています。

渓谷の迫力と、それに抗う人間の挑戦の物語を感じながら、この風景を眺めてほしい。

アクセス

〒861-4715 熊本県下益城郡美里町清水

公式サイト

https://www.town.kumamoto-misato.lg.jp/q/aview/72/1046.html

この記事に関するご意見・訂正・追加の受付をしております

熊本を趣味で応援するオールクマモトの配信内容を、より良く、より正確に、より詳しく、より丁寧なものとするために、お気づきの点がありましたら、ぜひご指導ください。