石藤崎八幡宮(山鹿市石)

藤崎八旛宮といえば、例大祭で有名な熊本市の神社ですが、山鹿市には石に、藤崎八幡宮があります。

その違いは「幡」と「旛」。どちらも立派な神社です。こちらは、藤崎八宮と一般的な幡を用います。

今では石藤崎八幡宮と呼ばれているようですが、ここが、熊本市の藤崎さんのルーツになるのは間違いないようで、そのうち詳しく調べてみようと思います。

藤崎八幡愚(山鹿市)

藤崎八幡宮には、門前に小さな石橋があり、二ノ鳥居は台風か何かで倒壊してしまっています。

因みに表参道方面はゲートボール場になっていて、実際には裏の鳥居から出入りをすることになります。

御祭神は應神天皇・神功皇后となっており、由緒書をみると、石清水八幡宮にルーツがありと橘氏(山科家のルーツ)が神馬の鞭に使っていた「藤の枝」を祀ったようです。

社内社として、菅原神社、若宮神社などが祀られている。山科家の祠もあった。

この山科家が今の宮司のルーツになっている。

敷地は広く、往時の隆盛を感じることもできる。

敷地は広いんだけど、少し鬱蒼としている気がします。隣接しているところに社務所兼自宅があるけど、お守りの販売とかを知ている様子はなく・・・。

この神社の詳細をご存知の方知識を分けてください。

アクセス