猿田彦大神と庚申信仰

熊本だけかどうかはわからないが、大宮神社を始めとして、いろんな神社で「猿田彦大神」を見かける。猿田彦に一体どういう意味なのかを調べてみたら、「庚申信仰」に辿り着いたのでその話を書きます。

庚申信仰に由来する

確かに、道案内の神様として、「猿田彦」は存在し、三重県には「猿田彦神社」の総本店のようなところもある。

ただし、私達が神社の境内で見かける「猿田彦大神」は、少し由来が違うようです。

そう、「庚申信仰」に由来するのです。

庚申信仰というのは道教由来の考え方で、庚申の日に寝てしまうと自分のアタマ・ハラ・アシにいる虫が天帝(エンマ大王)に告げ口をするので、徹夜をするのだそうです。これを守庚申とか庚申講など、時代によって変わるのですが、徹夜の間に青面金剛に向かって、勤行をしたり、宴会をやったりと居ていたようです。(ざっくりだけど)

庚申の日は60日に1回やってくるので、2ヶ月に一回これを行い、さらに3年続けて18回庚申講をおこなった記念として、「庚申塔」を建てたのそうです。さらにだいたい「塚』に建てられることが多かったので、「庚申塚」と呼ばれることもあります。地域や時代によってそのへんはいろいろと差があるのでしょうけどね。

因みに、今でも路傍にある庚申供養塔や猿田彦大神を時々見かけます。

猿田彦大神

一例として阿蘇一宮門前町商店街のさるたひこだいじんひらがな表記は珍しい。

猿田彦大神との関係

これと猿田彦大神と何の関係があるのかと思ったんですが、庚申の申はサルであることから、仏教では見ざる言わざる聞かざるの三猿を供養塔としたそうです。

明治時代になると、廃仏毀釈とか「神道」重視の時代を迎えるわけです、お寺だって潰されるじだいだから、路傍の庚申供養塔も「処分」されそうになるんですね、慌てた民衆は、サルを猿田彦のサルにこじつけて、さらに、神社の境内に運び込んで、道教と仏教由来のこの石碑を、神道のものである可能用にカモフラージュして遺したわけです。

これって日本人らしい屁理屈で、結構好きな経緯です。
もちろん、ネット検索で集めた情報だけでは信憑性に不安がありますけどね。

結局は夜遊びしたいだけ?

もっと突き詰めていくと「庚申講」は60日に一回、近隣住民が集まって、しばらくは真面目に念仏してるんだけど、朝までなんてやってられないから、宴会をメインの楽しみにしてたのではないかと思うんですよね。

古いかもしれませんが、ノミニケーションが好きな日本人は、こういう理由をこじつけて、集落の将来を語り合ったりすることができたんじゃないかと思うわけです。

猿田彦大神の数は、民衆の信仰心の厚さと飲んだくれぶりのバロメーターと言えるでしょう(笑)

熊本県の神社を現在調査中ですが、山鹿市内は猿田彦の石碑の数が多い気がします。千代の園なんて造り酒屋もあるので、お酒に目がないのでしょうかねぇ。

大宮神社稲荷神社宗方八幡神社東原稲荷神社桑坂神社など、猿田彦大神の石碑が複数あって非常に気になります。

こんなまとめ方で良いかな・・・。

フォローしてください。お願いします。

今すぐ電話する