元西福寺の焼仏

明治維新の折の廃仏毀釈で廃寺となった西福寺。

仏像は中山(現在の小山一丁目)に安置されてたんだけど、昭和19年の火災でお堂と共に仏像も焼けてしまったそうです。

そんなこんなで、昭和36年に中山地区の人々によって現在地に堂を建てたんだとか。そんな物語もあり、この焼仏さんたち個人的には少し恐ろしい。

アクセス

この記事に関するご意見・訂正・追加の受付をしております

熊本を趣味で応援するオールクマモトの配信内容を、より良く、より正確に、より詳しく、より丁寧なものとするために、お気づきの点がありましたら、ぜひご指導ください。