鳥越峠と旧山道(熊本市東区)

託麻三山の戸島から小山を経由して、鹿帰瀬に至る道路(県道235・益城菊陽線)の小山諏訪神社のある辺りがかつては「鹿帰瀬村道」と呼ばれており、鬱蒼と生い茂った樹木で昼間も真っ暗だったと伝わっております。

今でも山に分け入ると昔ながらの面影が伺えるとか。

このなんとなく漂う不気味さは暗さだけじゃなくて「元西福寺の焼仏」が反対車線側にあるのも手伝ってるよなぁ。夜は車でも通りたくない気がする。

昼間は小山諏訪神社などへの参拝のついでに歩くくらいは良いのではないでしょうか。ただし、駐車場とかはないので、熊本県民総合運動公園などに停めて歩いて行くのがよりよいかも。

アクセス