熊本城(熊本市中央区)

現存の熊本城は、現在の熊本市中央区に築かれた安土桃山時代から江戸時代の城。 別名は「銀杏城(ぎんなんじょう)」といいます。熊本市民の誇りであり、シンボルでもあるお城です。

加藤清正が中世城郭(千葉城を取り込み改築した平山城で、加藤氏改易後の江戸時代の大半は熊本藩細川家の居城。明治の西南戦争の戦場となった。西南戦争の直前に大小天守や御殿など本丸の建築群が焼失し、現在の天守は1960年に再建されたものです。

菊池一族出田秀信が今の千葉城町に千葉城(1521〜1531年頃)を築き、鹿子木親員(寂心)が古城町隈本城を築きました。この頃に藤崎台球場から現在の場所に、藤崎八旛宮を遷宮したとか。

その後、城主は菊池義武(大友義鑑の弟)→城親冬城久基佐々成政加藤清正加藤忠広細川家と受け継がれ、西南戦争を迎える。

加藤清正の入場に伴い、千葉城・隈本城のある茶臼山全体に城を築き熊本城とした。これが現在の熊本城になっています。

宇土櫓などの現存する櫓・城門・塀13棟は国の重要文化財に指定されている。また、城跡は「熊本城跡」として国の特別史跡に指定されている。天守閣内部には熊本市立熊本博物館の分館としての展示があり、公式には熊本城の再建天守閣内部は「熊本市立熊本博物館分館」となっている。 (ややこしいw9

2016年4月の熊本地震の際に、現存石垣をはじめ宇土櫓などの文化財建造物、大小天守などの復元・復興建築が被災した。

画像をアップロード

天守閣

大天守と小天守があり、写真は昭和35(1960)年に復元されたもので、石垣の上にどっしりと構える様子が見事。
平成28年の熊本地震で被害を受け現在改修中。

画像をアップロード

長塀

国指定重要文化財で、242mの一直線の長塀。加藤清正の時代には出入り口があったそうだが、細川時代に出入口を塞ぎ今のような形になったそうです。

画像をアップロード

馬具櫓

熊本城の南の入口を守る櫓。どうやら馬具を納めていたようだが確かな資料は残っていない。
かつては正面に下馬橋がかかっていたが、現在は下馬橋の代わりに、御行橋がかかっている。

画像をアップロード

加藤清正公銅像

現在の熊本城の原型を形作り、城下町熊本の基礎を作った加藤清正公の姿を高橋鎮雄氏によって再現したもの。