平山菊池本宅跡・大琳寺跡(熊本市東区)

菊池家14代菊池武士が建立したとされる託麻五山の一つ大琳寺跡。北に穴太積の石垣、裏手に二重の堀を構えた小城郭同然の要害地。

初代重千代丸(武治22代能運の遺児と伝承)依頼17代続いた平山菊池家の住居の跡である。

先の大戦でことごとく戦死し17代幹一で途絶えました。広大な屋敷跡には「梵天・帝釈天」を祀る石祠が寂しく残っている。

肥後・菊池氏について

肥後の菊池氏は熊本の県北・菊池市を中心に平安時代後期~室町時代にかけて450年もの間活躍した一族です。
源氏物語蒙古襲来絵詞太平記などの書物にその軌跡を遺した大豪族で、兵藤・西郷・合志・山鹿・村田・赤星・黒木・甲斐・城・ 広瀬などの諸氏のルーツにもなっています。

この記事に関するご意見・訂正・追加の受付をしております

熊本を趣味で応援するオールクマモトの配信内容を、より良く、より正確に、より詳しく、より丁寧なものとするために、お気づきの点がありましたら、ぜひご指導ください。