西住小次郎 ~ 軍神と呼ばれた男

平成という時代が幕を閉じようとしている春先。軍神と呼ばれた先人にご挨拶に伺った。

曇天のなか小雨に打たれながら訪れた場所は甲佐町仁田子。彼が生まれ育った場所にこの胸像は建立されている。彼の視線の先には周りは田畑に囲まれた落ち着いた場所。

西住小次郎 は何を想う

西住小次郎 という甲佐町出身のこの人物がわずか24歳でこの世を去るまでの間に凄まじい軍功をあげ、帝国陸軍から公式に「軍神」と讃えられた人物である。「申し分ない典型的武人」「忠烈鬼神を泣かしむる鉄牛隊長」と褒められても24年の人生だった。

戦争を批判するとか歴史を検証するつもりはないが、戦争で戦車に乗っているときに狙撃され、それが致命傷となりなくなった方を、戦車に搭乗している姿で顕彰するというのも皮肉な気がする。

この方が命を落としても尚、戦車上の人物でありたかったかと想うと、複雑な気持ちになるのは私だけだろうか。

彼が指揮を執っていた戦車には1300発近くの被弾痕があったとか。もう戦車はお腹いっぱいだったのではなかろうか。

近年、女子高生が戦車道を志す「ガールズパンツァー」というアニメで西住戦車長をモデルにした「西住まほ」というキャラクターによって、新しい形で若い人々に知られている。

軍神西住戦車長之像

〒861-4603 熊本県上益城郡甲佐町仁田子1228

駐車スペースあり