ミュシャ展

ポスター「黄道十二宮」1896年、リトグラフ/紙 チマル・コレクション

RKK 開局 70 周年記念

ミュシャ展 マルチ・アーティストの先駆者

2024.2.10(土)~2024.4.7(日)に熊本市現代美術館で開催される。

アール・ヌーヴォーの代表的な画家アルフォンス・ミュシャは、美麗で自信に満ちた女性を描くポスターで知られているが、実際には多岐にわたるジャンルの仕事を手掛けている。

本展では特にデザインの仕事に着目。ズデニェク・チマル博士のコレクションから劇場ポスター、書籍挿絵、ポストカード、パッケージデザイン、宝飾品などが展示され、ミュシャのマルチ・アーティストとしての先駆性が紹介される。彼の油彩画、水彩画、素描、写真など、貴重な作品が一堂に集まり、ミュシャ芸術の全貌をときあかします。

作家について

アルフォンス・ミュシャ Alfons Mucha(1860-1939)

1860 年、オーストリア=ハンガリー帝国領 南モラヴィア地方(現・チェコ共和国南東部)のイヴァンチッツェに生まれる。1885 年、ミュンヘン美術アカデミーに入学する。1887 年、パリでアカデミー・ジュリアンの学生となる。1894 年、人気女優サラ・ベルナールの演劇「ジスモンダ」ポスターを手掛ける。1895 年、サラ・ベルナールと正式に契約。その後 6 年間にわたり、ポスター、舞台装置、ジュエリーなどのデザインを担当。アール・ヌーヴォーを代表する作家となる。1900 年、パリ万博のボスニア=ヘルツェゴビナ館のデザインを担当。1910 年、チェコに帰国、ズビロフ城をアトリエとする。1911 年、《スラヴ叙事詩》シリーズの制作を開始する。1918年、オーストリア=ハンガリー帝国が崩壊し、建国されたチェコスロヴァキア共和国の国章、郵便切手、紙幣をデザインする。1928 年、《スラヴ叙事詩》全 20 点をプラハ市に寄贈。1931 年、プラハ城内聖ヴィート大聖堂のステンドグラスをデザインする。1939 年、プラハにて逝去。

チマル・コレクションについて

ズデニェク・チマル博士 MUDr. Zdenek Trimal

ミュシャの故郷チェコ共和国モラヴィアに住む医師のズデニェク・チマル博士は、個人コレクターとして、両親と祖父母からミュシャのコレクションの基礎を受け継いだ後、ミュシャの作品と生涯に対する熱狂的な関心によって、ミュシャの人生と作品の全体像を示す他では類を見ないコレクションを築きあげた。

博士のコレクションは 2009 年の企画展「アルフォンス・ミュシャ―ベル・エポック、チェコの巨匠―」展(ブルノ、チェコ)で初公開されて以降、チェコ共和国内、ハンガリー、日本の多くの都市で展覧会が開催されている。

連作装飾パネル「一日:朝の目覚め」 1899年、リトグラフ/紙
ポスター「椿姫」1896年、リトグラフ/紙
ルフェーヴル=ウティール社ビスケット(ヴドワール)缶のパッケージ 1900年、リトグラフ/金属、紙
装飾皿「ビザンティン風の頭部:ブロンド」1898年、エナメル塗装/金属
油彩画「エリシュカ」1932年、油彩/カンヴァス

すべてチマル・コレクション

展覧会について

展覧会名:RKK 開局 70 周年記念 ミュシャ展 マルチ・アーティストの先駆者
会期:2024年2月10日(土) ~ 4月7日(日)
会場:熊本市現代美術館 ギャラリーI・II
時間:10:00~20:00(ただし展覧会入場は 19:30 まで)
休館日:火曜日
主催:ミュシャ展熊本実行委員会(熊本市現代美術館[熊本市、公益財団法人熊本市美術文化振興財団]、RKK 熊本放送)、熊本日日新聞社
特別協賛:熊本中央信用金庫、テクノクリエイティブ、プレイスグループ
協賛:岩崎鞄店、岡田珈琲、瑞鷹
後援:熊本県、熊本県教育委員会、熊本市教育委員会、熊本県文化協会、熊本県美術家連盟、熊本国際観光コンベンション協会、NHK 熊本放送局、J:COM 熊本、エフエム熊本、FM791
企画制作:MBSテレビ
観覧料:一般 1500(1300)円、シニア(65 歳以上)1200(1000)円、学生(高校生以上)1000(800)円、中学生以下無料

*各種障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳等)をご提示の方と付き添いの方1名は無料
*( )内は前売/20 名以上の団体/電車・バス共通 1 日乗車券、市電緑のじゅうたんサポーター証、熊本県立美術館友の会証、JAF 会員証をご提示の方
*前売券は 2023 年 12 月 18 日(月)~2024 年 2 月 9 日(金)まで販売。
*チケット取扱:熊本市現代美術館、ローソンチケット、セブンチケット、楽天チケット

熊本市現代美術館情報

アクセス