高森湧水トンネル公園(高森町)

湧水トンネル公園は高森駅の南側、歩いて10分のところにあります。

旧国鉄高森線と高千穂線を結ぶ為の工事が昭和48年12月から着手。昭和50年2月、突然トンネル工事で大量の出水に見舞われ、その後も度重なる出水事故が発生して中断となり、その結果、今は高森町の貴重な水源地となっています。

トンネルの長さは2,055メートル。常時、毎分32トンの湧水量があります。

この記事に関するご意見・訂正・追加の受付をしております

熊本を趣味で応援するオールクマモトの配信内容を、より良く、より正確に、より詳しく、より丁寧なものとするために、お気づきの点がありましたら、ぜひご指導ください。