紫雲山永寿寺(御船町)

浄土真宗のお寺さんです。戦国時代の阿蘇家の知将・甲斐宗運のお墓もあるというお寺さん。

こんなお寺です

歴史・伝承

紫雲山永寿寺(御船町)
案内板

不老閣・永寿寺は御船城主甲斐宗運が武運長久を祈った祈願所でした。昔は天台の末寺でしたが、天正十三年(1585)御船城落城の際、城主宗立の子、万千代は乳母に抱かれて日向(宮崎)の佐土原へ逃げましたが、その後万千代の子親信が、廃寺を再興、真宗となりました。

当寺には、甲斐宗運の墓もあります。しかし、宗運は墓が島津(薩摩)からあばかれるのを恐れ「我が墓に銘記すべからず」と遺言したと伝え、墓銘はありません。

隣に甲斐到憼師の墓が建っています。到憼師は明治維新時代の傑僧として有名でした。

と案内板には記載されています。

ご本尊

  • 阿弥陀如来

境内・参道

アクセス

この記事に関するご意見・訂正・追加の受付をしております

熊本を趣味で応援するオールクマモトの配信内容を、より良く、より正確に、より詳しく、より丁寧なものとするために、お気づきの点がありましたら、ぜひご指導ください。