島田美術館(熊本市)

島田美術館は財団法人として昭和52年に熊本市西区島崎に開館。
島崎は熊本城の北西に位置する完成な住宅街です。藩政時代には大身の藩士の別荘や下屋敷があり、島田美術館がある場所も当時の雰囲気が偲ばれます。

島田美術館
島田美術館

島田美術館は熊本ゆかりの武家文化に関する古美術資料を年に3回ほどテーマを変えて企画展・常設展で紹介している(入館料要)。

併設する「ギャラリー」では、数日〜2週間程度のサイクルで熊本県内外の様々なジャンルの作家による作品展を行っており、こちらは観覧無料。また敷地内にはcafeもあり、それぞれを回遊してくつろげる場となっている。

気軽に立ち寄れる熊本県民の為のお出かけスポットとしても、常設の宮本武蔵関連の資料はもちろん、熊本の古を感じることができる貴重な場所になっているので、ぜひ足を運んでみて欲しい。

島田美術館の公式サイト

http://shimada-museum.net/index.php

島田美術館設立の背景

故島田真富翁が武人文化の保存研究の一環として収集した史料を国民の共有の財産として活用するために翁の孫にあたる島田真祐初代館長が設立した私設美術館。

最晩年を熊本で過ごした宮本武蔵や加藤家・細川家ゆかりの史料などを収蔵している。

アクセスマップ