初めての入院:2日(病名:頸部よう・糖尿病)

昔に比べると小さな文字が読めない

入院二日目は初日に比べると落ち着いた。

頸部の切開箇所こそお手伝いが必要なものの、一人で風呂も入れるし、お洗濯物もできた。

あと父に配達を依頼した。

院内でリラックスするために、スリッパが必要なのと洗濯物をホスタのハンガー、あとマイ枕w。初めての入院でこのあたりの準備が足りてなかった。

ちなみに月の写真はこの日の病室からのお月さま。うまいこと撮れました。

令和4年4月8日(水)から公立の病院に入院することになったオレ。入院初日の記録。

これまでの経緯は「マジで入院する2日前」「入院初日」をご笑覧あれ。

以上

CTと眼科

午前中に造影検査を受けた。

頸部よう

入院前日切開を受けた、「頸部よう」の状況を把握するために、ヨード造影剤を投与し詳しく調べてもらったが、致命的な状況ではなかったそうで一安心。

眼科

糖尿病にかかると網膜がやばいことになって、失明したりすることもあるらしい。

ということで内科も受診。

視力は両眼ともに1.0。視力落ちたとおもってたのに、普通だった。

網膜に関しては、ちょっとよくわからないので後日再受診とのこと。

2022年4月7日(木)のデータ

本日の食事

ボリュームこそ控えめだが、薄味の私には、十分すぎる味付けだった。ごちそうさまでした。

本日の血糖値

計測のタイミング血糖値 mg/dl
朝食前398
昼食前351
夕食前442
夕食後283

本日の体重

81.5kg

今回の入院情報

人生はじめての入院を記録しているんだけれども、基本情報は以下の通り。

病名:頸部よう・糖尿病

私の初めての入院は、こんな病気が原因。ようってなんだよう。糖尿病が原因とされる皮膚病らしいけど、詳しくは専門的なサイトで検索されたい。

個人的テーマ

入院というと、病院飯がまずいだの、行動が制限されるだのいろいろと「つまらない」話を耳にするのだが、せっかくなのでポジティブな目標をテーマに初めての入院を楽しもうと思う。

減量

糖尿病なのだから当たり前なのだが、これを強制されると思うとつまらなくなる。私の場合4年前に17kg減量してそれ以上なかなか落ちないので、この機会に医療チームの協力をえながら減量することに決めた。ライザップみたいなものだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。