もう食べた?とろり天使のわらびもち 熊本味噌天神店

とろり天使のわらびもち

熊本味噌天神店

近頃メディアでちらほら見聞きする「生わらびもち」「飲むわらびもち」がついに熊本にも上陸!

令和3年9月23日に正式オープン予定です。

プレオープンのご案内を頂いたので、お言葉に甘えて試食・試飲に行ってきました。

今回同行してくれた、大学生と専門学校生。所属の被写体さんと都合が合わなかったので、助かりました。ご協力に感謝!

商品

生わらびもち

namawarabimochi

山菜のワラビの根の部分10kgから、わずか70gしか採れない、貴重な本わらび粉を使用。究極のやわらかさを追求し「とろとろ食感」を実現。

プレーンな「和三盆」と十勝産のあずきを練り込んだ「あずき」の2種類がある。

小箱:200g:600円
大箱:400g:1080円

+50円で黒蜜追加

飲むわらびもち

warabimochi-drink

とろとろ食感のわらびもちストローで飲むという女子高生の発送によるネクスト・タピオカなドリンク!トラッドなわらびもちに生クリームとドリンクをミックス。洋風スイーツにアレンジ。

「黒蜜」「ミルクティー」「抹茶」と熊本限定「紅シルク(いきなり団子味)」と4フレーバで展開。

各680円 +50円で投入に変更

クリームわらびもち

cream_warabimochi

カップに敷き詰めたわらびもちの上に純生クリームをふんだんにトッピング。プリンのような洋風わらびもちの爆誕です。

きなこがついてくるので、途中で味変を楽しめる。

子どもにも人気があるようだ。

プレーン・ほうじ茶・黒胡麻・ミックス(プレーン2個・ほうじ茶1個・黒胡麻1個)
4個入りで1,800円

感想

試供品をいただいたので、未来会議室でいただきました。

生わらびもち

ほんとにびっくりするくらいとろっとろしてました。

学生さんにもっと傾けてってお願いしたんだけど、これ以上傾けるとお皿からこぼれおちそうなんだそうです。

菓子箱を開くと、ふわぁ〜っときなこの香り。よい焙煎ですね。

口の中に生わらびもちを運び込むとわらび餅が溶けながら、口中に自然な甘さとともに広がっていきます。

なるほど、とろり天使のわらびもちでした。

とにかくほんのり甘いってのが個人的にはツボでした。

抹茶とミルクティーフレーバーを試飲しました

飲むわらびもち

抹茶フレーバーは、トロトロの生わらび餅と抹茶フォーム、牛乳を入れ、上にホイップと抹茶パウダーを飾り付けて完成。

人工的な甘みではないので、しっかり甘いのにくどくない感じが意外。なんとなくスタバの抹茶フラペチーノの味に近い気がしました。食感とかノドゴシとかは全く違いました!

ミルクティーフレーバーは底からわらびもち・ルクティー・氷・ホイップクリームの層に分かれているので、しっかり太いストローでまぜるのがポイントです。

雰囲気はタピオカミルクティーっぽい気がしましたが人によってはまた違う感想がありそうです。

わらび餅そのものは昔から好きですし、スーパーとかの安いわらび餅でも充分満足するタイプではありますが、特別なときに生わらびもちを食べたいなと思いました。学生さんたちは終始「おいしい」「かわいい」を連発してますので、高校生とか大学生が集まってきそうですね。場所も味噌天神の近くなので結構流行るんじゃないでしょうか。

私もなにか手土産が必要なときに話題性も含めて、新たな選択肢に入れようと思いました。

最後に店舗情報のご案内です。

店舗情報

  • 所在地
    〒862-0971 熊本県熊本市中央区大江5丁目17−25
  • 交通
    熊本市電:味噌天神前 で下車して白山交差点方面へ徒歩2分
    バス:味噌天神 停留所(下り)の目の前
    駐車場:ありません