下田温泉(天草市)

下津深江川の河口付近で温泉街となっていて。旅館などが12軒存在。共同浴場として「白鷺館」があるけど、設備的には日帰り入浴施設に近い。開湯は740年前に白鷺が傷を癒しているところを発見したとされる。

一度だけ行ったけど、天草の西端にあるので旅館の部屋によっては最高の夕景を楽しめます。

昭和38年4月23日 – 厚生省告示第203号により天草下田温泉として国民保養温泉地に登録。

泉質

源泉名:下田温泉 源泉温度:51.3℃ 知覚試験:無色透明、無味、無臭 飲用の適応症:ナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉 効能:慢性消化器病、肝臓病、糖尿病、痛風 浴用の適応症:切り傷、やけど、神経痛、関節筋肉痛、慢性皮膚病、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化気炎、痔、冷え性、疲労回復、等慢性消火器病、肝臓病、糖尿病、痛風

この記事に関するご意見・訂正・追加の受付をしております

熊本を趣味で応援するオールクマモトの配信内容を、より良く、より正確に、より詳しく、より丁寧なものとするために、お気づきの点がありましたら、ぜひご指導ください。