レポート「対話型アート鑑賞会 vol.2 」(@未来会議室)

令和元年12月4日・未来会議室(熊本市)にて、営業コンサルタント・エグゼクティブコーチ「向江勇喜」さんによる2回目の「対話型アート鑑賞会」が Kumamoto Art Organization 代表 の 石坂美由紀さんの協力のもと開催された。

趣旨・目的

開催の趣旨としては、ベストセラー著書『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』(山口周 著)などを例にしてもわかるように「美意識」が非常に注目されており、具体的な「美意識」研鑽の手法として「対話型アート鑑賞」を企画している。

Facebook イベントページ
https://www.facebook.com/events/766231477145917/

対話型アート鑑賞とは

VTS(Visual Thinking Strategy)と呼ばれ、全米で100以上の美術館や博物館で実施され、300以上の教育機関にも採用されてる美術鑑賞教育法のひとつをアレンジしたプログラムで、実際に世界で活躍しているアーティストの本物の作品を見ながら、ファシリテーターと参加者で対話をし、鑑賞を勧めていく内容となっており、それぞれがそれぞれの感性のままに感想・意見を述べそれぞれの答えにたどり着く内容となっている。

作品・作家紹介

岩永 恵理

Eri Iwanaga

作家略歴

NHK文化センター熊本教室「日曜絵画教室」講師。
崇城大学芸術学部日本画コース非常勤講師。
Instagram >> @eri.iwanaga

熊本を拠点に日本画で活動中

Profile Picture

会場の様子

参加者の感想

女性:30代

絵を見た第一印象を話しただけで、こんなにも沢山の感想が出ることに驚きました。

オールクマモトの所感

実は第一回には参加者として「鑑賞会」を体験しました。
非常に貴重な経験で、二回目はじっくり「取材」することにしました。

正解を出さなくてもいい

個人的にこの「対話型アート鑑賞会」の素晴らしいところは、正解を出すことを目的としていないことだと感じてます。

そもそも参加者が芸術を生業としていない人が多いので、安心して発言できるのも良い。

世界のことはわからないけども、日本人はこういう「感想」を話すレベルのことでも「正解」を探しているような気がしていて、個人の「直感」的な部分を押し殺しているような気がします。

にもかかわらず、ビジネスで活躍している人は、案外その「直感」的な部分を暴走させたりしているわけなので、理屈抜きで感じたままを口にすることって結構だいじだなって思うわけです。

前回は自分も参加者としていろいろ感想を述べたし、同席した方々の感想も聞きながらなるほどと思ったりして非常に楽しかったわけです。

本物を見ることができる

教養のたりない私には絵の知識は一切ありませんが、それでも石坂さんが本物の作品を作家ご本人から預かってきてくれるので、それだけでも贅沢な時間を過ごせるというもの。

本物の作品を活用することに本当に凄味があると思っている。

前回との違い

前回は2つの作品を見ながら、多人数で複数のチームに別れて活発な対話を引き出していましたが、今回は一つの作品を5〜6名でより深く掘り下げていくような内容でした。

違う条件で似たようなアプローチをしたわけですが、それぞれに得難い経験だったと思われます。

まとめ

対話型という仕掛けがあるので、美意識だけではなくコミュニケーションも生まれるという側面も感じました。

本当に価値のある時間を参加者は感じているようで、向江さん・石坂さんには継続的にこの会を開催して欲しい。

主催者情報

向江 勇喜

むこえ ゆうき

営業コンサルタント、エグゼクティブコーチ

プロフィール

フリーランス営業マン。複数の会社で、営業/カスタマーサクセス/コーチングをやっています。仕事に活かせる対話のノウハウを発信。一人でも多くの人が「本質的な会話でイキイキと働ける世界」を目指しています。
Facebook :https://www.facebook.com/yuki.mukoe
Twitter:https://twitter.com/mukoe

Profile Picture

石坂 美由紀

いしざか みゆき

Kumamoto Art Organization代表

プロフィール

熊本県生まれ。
多摩美術大学美術学部工芸学科卒業。専攻である現代陶芸を通して、民俗学や人類学に興味を持つ。ロンドン芸術大学セントラルセントマーチン校にてサステナブルファッションを学んだことをきっかけに、エシカルファッションブランドMUSKAANを立ち上げる。現在、日本独自の美意識を研究中。 人間の体と自然は相互に作用しあっているという考え方をベースに、アパレルとコスメを通して、自然と調和したライフスタイルの提案している。

Facebook:https://www.facebook.com/muskaanmimi

Profile Picture

フォローしてください。お願いします。

今すぐ電話する