きっかけは 「彫刻」。- 近代から現代までの日本の彫刻と立体造形(熊本市現代美術館)

令和元年9月21日(土)~ 11月24日(日)、熊本市現代美術館では、 ギャラリーⅠにて、「2019年度国立美術館巡回展 東京国立近代美術館所蔵品展 きっかけは「彫刻」。-近代から現代までの日本の彫刻と立体造形」 ギャラリーⅡにて、「CAMKコレクション展 vol.6 きっかけは「彫刻」。 現代日本の彫刻と立体造形」を同時開催する予定だ。

展覧会概要

2019年度国立美術館巡回展 東京国立近代美術館所蔵品展きっかけは「彫刻」。-近代から現代までの日本の彫刻と立体造形

本展は、「彫刻」という概念が誕生した明治期、大正期から昭和初期の多様な展開、戦後たちあがった立体造形 、さらには近代日本彫刻史を踏まえ発展していった現代彫刻までを、それぞれの時代を象徴する代表作から通観するものです。

東京国立近代美術館の収蔵作品の中から、ロダンに多大な影響を受けた高村光太郎や荻原守衛、中原悌二郎をはじめ、木彫の世界を広げた平櫛田中や橋本平八、第二次大戦後の現代美術で存在を示した舟越保武、向井良吉、三木富雄から1980年代の表現まで 、近代日本に新しく発生した「彫刻」という概念が、各時代を代表する作家達 にどのような刺激を与え創造を促したのか、作家達は 「彫刻」をどのように解釈し、何に重きを置き表現したのかを探ります。

近代日本彫刻をテーマにした熊本県下で初めての大規模な企画展です。

作家紹介 ・出品作品

出品作家(生年順)(予定)

竹内久一、山崎朝雲、米原雲海、平櫛田中、荻原守衛、戸張孤雁、朝倉文夫、高村光太郎、藤川勇造、北村西望、石井鶴三、佐藤朝山、中原悌二郎、荻島安二、橋本平八、斎藤義重、柳原義達、佐藤忠良、舟越保武、向井良吉、村岡三郎、吉村益信、若林奮、赤瀬川原平、三木富雄、菅木志雄、遠藤利克

出品作品(予定)
高村光太郎《手》1918年頃
高村光太郎《手》1918年頃 東京国立近代美術館蔵 撮影:大谷一郎

CAMKコレクション展 vol.6 きっかけは「彫刻」。-現代日本の彫刻と立体造形

熊本市現代美術館のコレクションから、彫刻・立体作品の特集展を開催します。
当館の収蔵する彫刻・立体作品群は、幕末から明治に大流行した生人形を例外として、制作年が
1990年以降のものがほとんど ですが、木材やブロンズなど彫刻ならではの素材に加え、布や鉄、 FRPをはじめ多様な素材や新しい技術を用いて制作されていることや、女性作家の活躍がその特徴として挙げられます。

それぞれの作品は、アーティストが思索を重ね閃いた、時代を先取りするような斬新なかたちをしていますが、私たちと同じ時代を生きる日々に、見たり、聞いたり、感じた事 から生まれ出た作品です。 眺めているうちに、言葉にならなかった想いへ の気づきや、深い共感を覚えることがあるかもしれません。

いくつかの作品には、崇城大学芸術学部デザイン学科マンガ表現コースの教員・有志学生によるイラストレーションが、作品鑑賞のナビ役として登場します。若い世代が共感した、作品が放つ「今っぽさ」に注目しながら、作品のメッセージ を読み解いてみませんか。

作家紹介 ・出品作品

出品作家(展示順)(予定)

草間彌生、井手宣通、森村泰昌、安本亀八、naonao’s 森川尚美、ひびのこづえ、田部光子、今田淳子、高嶺格、石原昌一、本田貴侶、舟越桂、中山ダイスケ、吉野辰海、藤本髙廣 ZUBE、池田龍雄、中嶋一雄、阿部守、青木豊

出品作品(予定)
ひびのこづえ《白いフェルトの服(穴、三日月、トゲ、アコーディオン、うろこ)

ひびのこづえ《白いフェルトの服(穴、三日月、トゲ、アコーディオン、うろこ)》1991年、
《動物の頭(くま、さる、さい、ぞう、うま)》2009年 熊本市現代美術館蔵

詳細情報

アクセス