「テクノロジーの活用でで変わる!重度障害者の生活と就労セミナー」

重度障害者でもテクノロジーの活用によって、さまざまな活動が可能になりました。
特に、この数年で視線入力の活用が進み、ベッドの上からでも社会参加が叶う世の中になったのです。

本セミナーでは、テクノロジーを活用することで重度障害者の生活がどのように変わるのか、実例を通してお伝えします。

盲ろう&肢体不自由の身体障害をもちながら、熊本県の教員採用試験に合格した橋本紗貴が「テクノロジーでつかむ私の夢」としてお話しします。
視線入力体験も予定していますので、ぜひお誘い合わせの上おいでください。

開催概要

【日時】2019年12月22日13時~17時
【場所】九州ルーテル学院
【対象者】重度障害者の支援に関わる全ての人・当事者
【定員】約50名
【参加者】1500円*資料代として
【問合せ】090-1197-0077

実行委員長:橋本紗貴(盲ろう&肢体不自由当事者)
主 催:橋本紗貴・伊藤史人(島根大学)

この記事に関するご意見・訂正・追加の受付をしております

熊本を趣味で応援するオールクマモトの配信内容を、より良く、より正確に、より詳しく、より丁寧なものとするために、お気づきの点がありましたら、ぜひご指導ください。