くまもと装飾古墳国指定100周年記念企画展  「装飾古墳、うけつがれゆく宝」

 井寺古墳など県内7カ所の装飾古墳は、現在の文化財保護法の前身である史蹟名勝天然記念物保護法(1919年(大正8年)公布)により、第一期の指定を受けました。これらの装飾古墳は、当時、地元はもとより全国の研究者の注目を集め調査研究が進められており、その後、その成果に基づいて、1921年(大正10年)3月3日、国で最初の史跡に指定されました。
 本展示では、令和3年3月3日、熊本の古墳文化を代表する装飾古墳が国史跡に指定されて100年の節目を迎えるにあたり、わが国を代表する貴重な文化財として受け継がれゆく宝「装飾古墳」の世界へとご案内します。

〇くまもと装飾古墳国指定100周年記念企画展 『装飾古墳 うけつがれゆく宝』
 会  期:令和2年10月17日(土)~12月24日(木)
 会館時間:午前9時30分~午後5時15分
 休 館 日 :月曜日(祝日の場合は翌日)/年末年始
 観 覧 料 :一般430(300)円 大学生260(180)円 高校生以下無料
      ※かっこ内は20名以上の団体料金

【関連イベント】
〇菊池川流域古代文化研究会講座企画展特別講座 『装飾古墳、うけつがれゆく宝』 
 開催日:11月21日(土) 
 時 間:13:30~15:00 
 講 師:熊本県立装飾古墳館 学芸課長 廣田 静学(ひろた しずたか) 
 定 員:50名 場 所:装飾古墳館 集団学習室 
 参加費:無料
 ※準備の都合上、事前にお申込みください。(定員に余裕があれば、当日参加もできます。)


〇『装飾持つ岩原横穴墓を見に行こう!』 
 内 容:装飾古墳館で横穴墓群について解説後、現地を見学します。 
 開催日:10月31日(土)、11月7日(土)少雨決行 
 時 間:10:00~11:30 
 定 員:20名 
 参加費:無料
 ※準備の都合上、事前にお申込みください。


〇『装飾古墳スタンプでオリジナルマイバッグをつくろう!』
 開催日:10月31日(土)、11月7日(土)、11月14日(土)、11月28日(土)、
     12月5日(土)、12月12日(土)
 時 間:①14:00~ ②15:00~ ③16:00~     1日3回実施
 定 員:1回1組(4人まで)
 材料費:エコバッグ Sサイズ 150円、Mサイズ 200円
 ※準備の都合上、事前にお申込みください。

熊本県立装飾古墳館

熊本県立装飾古墳館は「装飾古墳」の専門館です。国が提唱した「風土記の丘構想」に基づいた装飾古墳の保護・活用、そして研究のための施設です。

建物は世界的な建築家・安藤忠雄による設計としても知られ、前方後円墳の形を模して、敷地内の岩原古墳にある熊本県最大級の前方後円墳「岩原双子塚古墳」と点対称で向いあうように建てられている。

館内には普段見ることのできない装飾古墳の内部を忠実に再現し展示しています。更に、先土器時代(旧石器時代)から中世までの出土遺物も展示しています。 屋外の「はにわ公園」や古墳の間を散策できる園路、また、台地の壁面には岩原横穴墓群があり見ごたえがあります。

熊本県立装飾古墳館HP

〒861-0561 熊本県山鹿市鹿央町岩原3085

アクセス

この記事に関するご意見・訂正・追加の受付をしております

熊本を趣味で応援するオールクマモトの配信内容を、より良く、より正確に、より詳しく、より丁寧なものとするために、お気づきの点がありましたら、ぜひご指導ください。