島田真平 ガラス作品展(島田美術館ギャラリー)

会期:2020年3月4日(水)~9日(月)

観覧料:無料

作家プロフィール

島田 真平 (しまだ しんぺい)

1975年 熊本県熊本市生まれ 熊本県立大津高校美術コース卒
1996 佐久間正二氏(琉球ガラス作家)の下ガラスを始める
1998 富山ガラス造形研究所入学 ブライアン・パイク氏(米国)に師事 日本のガラス次世代展入選  2000年卒業
2000 MC GLASS LAB 講師(東京) Pilchuck Glass School 受講(米国)リチャード・ロイヤル クラス
2001 雲仙ビードロ美術館 glass studio BLOWMIN にて制作を始める
2003 日本クラフト展入選
2004 コントラスト デザイン&グラスワークスとして独立
2006 酸素バーナーを使ってパイレックスジュエリー制作開始
2007 島田美術館別館での制作開始 長崎県立美術館に作品収蔵
2013 島田美術館での制作公開終了
2014 熊本市中央区に新たに工房を建て制作を再開
2014 第32回くらしの工芸展 グランプリ熊日賞 受賞
2015 ジ・ウザテラス(沖縄読谷村) 室内オブジェ等制作

作家コメント

今回は、しばらく休止していたガラスの指輪を器を作るガラスを使用して制作しました。
キュービックなきらめきと透明感のある色使いの新しい指輪です。
お部屋を彩る照明と一緒にお楽しみください。

島田美術館ギャラリー

島田美術館は熊本ゆかりの武家文化に関する古美術資料を年に3回ほどテーマを変えて企画展・常設展で紹介している(入館料要)。併設する「ギャラリー」では、数日〜2週間程度のサイクルで熊本県内外の様々なジャンルの作家による作品展を行っており、こちらは観覧無料。また敷地内にはcafeもあり、それぞれを回遊してくつろげる場となっている。

アクセス

〒860-0073 熊本県熊本市西区島崎4丁目5−2
096-352-4597
駐車場あり