水彩色鉛筆とサインペンによる石橋と草花・押し花絵展(島田美術館ギャラリー)

会期  2020年8月19日(水)~24日(月)
観覧料  無料

概要

主に県内に現存する石橋と四季の草花の作品展。
石橋は鉛筆とサインペンで、草花は水彩色鉛筆で描いています。
また、今回は母の米寿記念として、母作の「押し花絵」も数点展示いたします。

プロフィール

石原史彦(いしはら ふみひこ)

1955年生まれ
1978年 熊本大学教育学部卒業
1978年~県内の小学校に40年間勤務
日本の石橋を守る会 会員

作家コメント

硬い石橋のイメージと軟らかい草花等のハーモニーを楽しんでいただけたらと思っています。

※最終日16:00まで

島田美術館ギャラリー

島田美術館は熊本ゆかりの武家文化に関する古美術資料を年に3回ほどテーマを変えて企画展・常設展で紹介している(入館料要)。併設する「ギャラリー」では、数日〜2週間程度のサイクルで熊本県内外の様々なジャンルの作家による作品展を行っており、こちらは観覧無料。また敷地内にはcafeもあり、それぞれを回遊してくつろげる場となっている。

アクセス

〒860-0073 熊本県熊本市西区島崎4丁目5−2
096-352-4597
駐車場あり