第三回 日本画と表装 姉妹展(島田美術館ギャラリー)

会期  2020年11月12日(木)~16日(月)
観覧料  無料

プロフィール

姉 林田直子(82)熊本県美術協会日本画会員 高浜虎喜氏に師事 日本画歴67年 
熊本市出身 千葉市在住

妹 重松三和子(80)飛松路易子氏に師事 表装グループ展開催 表装歴24年 
熊本市出身 熊本市在住

作家コメント

「日々のくらしの中で和を楽しむ」をテーマに日々の暮らしの中で制作した日本画や表装の作品を発表する。今回は、一昨年亡くなられた「飛松路易子先生を偲ぶ会」としても開催する。
林田の日本画は、野の花を描く屏風や扇の日本画作品。重松の表装は、和服の留袖を生かした屏風や日々の生活の中で楽しむ掛け軸の作品など。

島田美術館ギャラリー

島田美術館は熊本ゆかりの武家文化に関する古美術資料を年に3回ほどテーマを変えて企画展・常設展で紹介している(入館料要)。併設する「ギャラリー」では、数日〜2週間程度のサイクルで熊本県内外の様々なジャンルの作家による作品展を行っており、こちらは観覧無料。また敷地内にはcafeもあり、それぞれを回遊してくつろげる場となっている。

島田美術館HP

〒860-0073 熊本県熊本市西区島崎4丁目5−2
096-352-4597

アクセス

この記事に関するご意見・訂正・追加の受付をしております

熊本を趣味で応援するオールクマモトの配信内容を、より良く、より正確に、より詳しく、より丁寧なものとするために、お気づきの点がありましたら、ぜひご指導ください。