Basketry つかうかご・つかわなくてもかご 2021 Pre Exhibition

会期  2020年9月2日(水)~6日(日)
観覧料  無料

概要

Basketry(バスケタリー)とは「かごの技法でできたもの、またはその技法」の意。
今展は来夏国内外で活動するバスケタリー作家を集めて島田美術館ギャラリーにて開催する展覧会のプレエキシビジョンです。
ご紹介するものは、企画者でもある「生活道具の店 しろつめ」の店主・内野敏子(水引工芸家)のバスケタリー作品と自身が日頃使っているかごたち。
会場で「???」と首をひねりながら観ていただけたら嬉しいです。

※しろつめは現在実店舗はございません。

島田美術館ギャラリー

島田美術館は熊本ゆかりの武家文化に関する古美術資料を年に3回ほどテーマを変えて企画展・常設展で紹介している(入館料要)。併設する「ギャラリー」では、数日〜2週間程度のサイクルで熊本県内外の様々なジャンルの作家による作品展を行っており、こちらは観覧無料。また敷地内にはcafeもあり、それぞれを回遊してくつろげる場となっている。

アクセス

〒860-0073 熊本県熊本市西区島崎4丁目5−2
096-352-4597
駐車場あり

この記事に関するご意見・訂正・追加の受付をしております

熊本を趣味で応援するオールクマモトの配信内容を、より良く、より正確に、より詳しく、より丁寧なものとするために、お気づきの点がありましたら、ぜひご指導ください。