熊本城と武の世界(熊本県立美術館 本館)

令和元年10月26日〜12月15日、熊本県立美術館 本館にて特別展「熊本城と武の世界」を開催します。

展覧会概要

平成28年の熊本地震により被災した、熊本城大天守の外観修理完成を記念し、熊本城主・加藤家、細川家の「武」にまつわる歴史資料や美術工芸品を、主に熊本城との関わりに沿って紹介する。

加藤清正によって築かれた熊本城は、加藤家改易後に熊本藩主となった細川忠利によって整備され、明治維新を迎えるまで細川家の居城として用いられました。難攻不落の城づくりをめざし、度重なる改修によって強化された熊本城の防衛力は、明治10年(1877年)に勃発した西南戦争で、50余日に及ぶ過酷な籠城戦を耐え抜いたことにより、図らずも証明されることになります。

本展では、桃山時代の築城から、江戸時代の改修を経て、明治時代にいたる熊本城の歴史と、それをとりまく「武」の世界を、加藤家、細川家ゆかりの甲冑や刀剣と、城絵図や古文書をはじめとした歴史資料からたどります。また、菊地地域で活動した延寿派の刀剣と、肥後の豪刀・同田貫、肥後鐔をはじめとした刀装具の美をご紹介します。

展示作品

開催概要

会期

2019年10月26日(土)~2019年12月15日(日)
前期展示:10月26日(土)~11月24日(日)
後期展示:11月26日(火)~12月15日(日)

会場

本館2階展示室
休館日月曜休館。11月4日(月・振休)は開館し、翌5日(火)休館。11月18日(月)は「障害のある方々のための鑑賞デー」として開館

観覧料

一般1,000円(800円)、大学生800円(600円)

別棟展示室との共通観覧券
一般1,100円、当日団体900円
※( )内は前売・団体20名以上の料金
※高校生以下・障がい者手帳をお持ちの方は無料

公式サイト

関連イベント

■特別講演会
①「熊本城の普請史」
【日時】11月2日(土)13:30~15:00
【場所】本館文化交流室
【講師】鶴嶋俊彦 氏(熊本城調査研究センター 文化財保護主幹)
【参加費】無料

②「細川家歴代当主の甲冑と幕末維新期の熊本城」
【日時】11月23日(土)13:30~15:00
【場所】本館文化交流室
【講師】今村直樹 氏(熊本大学永青文庫研究センター)
【参加費】無料

※①、②とも事前申し込み制(定員120名)。詳細は、8月末に当館HPでお知らせします。
■刀剣鑑賞・取扱い講座
【日時】11月10日(日)13:30~15:00
【場所】本館文化交流室
【講師】正海裕人 氏(刀剣研磨師)
【参加費】無料
【事前申込】事前申し込み制(定員120名)。詳細は、8月末に当館HPでお知らせします。

■熊本県立劇場×熊本県立美術館コラボ企画
ミュージアムコンサート
【日時】12月1日(日)
 ①13:00~13:30 ②15:00~15:30
【場所】本館吹き抜けホール
【参加費】無料
【事前申込】不要

■ミュージアムセミナー
「加藤家・細川家ゆかりの甲冑と刀剣」
【日時】12月7日(土)14:00~15:00
【場所】本館文化交流室
【講師】才藤あずさ(当館学芸課参事)
【参加費】無料
【事前申込】不要(当日受付120名)

アクセス