日本遺産認定記念 菊池川二千年の歴史と名宝―菊池一族の戦いと信仰― (熊本県立美術館)

日本遺産認定記念 菊池川二千年の歴史と名宝―菊池一族の戦いと信仰―

菊池川は阿蘇外輪山の尾ノ岳南麓に源流がある熊本県の一級河川の一つ。

清らかでミネラルに恵まれた川であることから、流域では古くから広大な水田が整備され、肥沃な穀倉地帯となっていた。

それによって築かれた莫大な富を背景に、日本全国、ひいては大陸との交流につながっていきます。

平安時代後期になると、菊池一族がここを拠点に一大勢力を築きます。

九州屈指の精強な武士団として、一時代を築いたそうです。

蒙古襲来や南北朝時代の動乱での活躍はよく知られています。

一方で、曹洞宗の高僧・大智禅師を招いて寺院を建立するなど、厚く仏教を信仰していたことも特筆されるべきでしょう。

本展は、平成29年(2017年)4月の日本遺産「米作り、二千年にわたる大地の記憶~菊池川流域「今昔『水稲』物語」~」認定を記念して開催するものです。古代において菊池川流域の文化がどのように形成され、菊池一族の活躍につながっていったのか。

菊池川流域の歴史を辿りながら、熊本ならではの文化を体感できる内容となっています。

開催概要

令和元年7月19日〜令和元年9月1日

熊本県立美術館 本館2階展示室

※熊本県立美術館から了承を得て掲載しております。

今すぐ電話する