第Ⅳ期 名君細川重賢と時習館の英雄たち(熊本県立美術館)

開催概要

会期  2021年1月9日(土)~2021年3月21日(日)
    前期:1月9日~2月14日
    後期:2月16日~3月21日
    ※作品保護のため、会期中に一部展示替えを行ないます。
会場  別棟展示室
休館日 毎週月曜日(月曜祝日の場合は開館し、翌平日休館)
観覧料 一般210円(160円)、大学生130円(100円)
■( )内は20名以上の団体料金
■高校生以下 無料/障がい者手帳をお持ちの方 無料

名君細川重賢・時習館ゆかりの品々

 江戸時代の中頃、藩政改革を推し進めて「肥後の鳳凰」と讃えられた名君が熊本藩に誕生しますが、皆さんご存知ですか?それは、第6代藩主・細川重賢のことです!
 延享4年(1747)、兄・宗孝の不慮の死を受けて、家督を継いだ重賢。当時の藩財政は窮乏を極めており、直ちに財政の建て直しに着手しました。宝暦2年(1752)には堀平太左衛門を大奉行に抜擢し、いわゆる「宝暦の改革」を断行!役人の綱紀粛正を行ない、行政機構や刑法、教育についても整備し、大きな成果を挙げました。なかでも有名なのが、熊本城二の丸に藩校「時習館」を設立したことです。
 時習館の教育課程は文武両道に及ぶ緻密なもので、藩士の子弟のみならず、成績優秀であれば庶民にも入学が許されたことに特徴があります。宝暦5年(1755)の開校以来、時習館は有為の人材を育成し続け、明治3年(1870)にその役目を終えました。最幕末には、開明的思想家として知られる横井小楠や、宮内省に出仕して侍講となった元田永孚、明治憲法起草に尽力した井上毅など優秀な人材を輩出しています。本展では、重賢ゆかりの品々と、時習館で活躍した先生や生徒たちの書をご紹介します。

熊本県立美術館 本館

熊本県立美術館は、国の特別史跡である熊本城の二の丸広場の一角に位置し、古代から現代美術までを網羅する総合美術館として昭和51年3月に開館しました。
考古、絵画、版画、彫刻、工芸、書蹟などが収蔵・展示され、なかでも装飾古墳室は古代の造形美をわが国における美術の原点としてとらえた特徴ある施設です。

熊本県立美術館HP

〒860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸2
096-352-2111

アクセス

この記事に関するご意見・訂正・追加の受付をしております

熊本を趣味で応援するオールクマモトの配信内容を、より良く、より正確に、より詳しく、より丁寧なものとするために、お気づきの点がありましたら、ぜひご指導ください。