肥前陶磁の美(八代市立博物館未来の森ミュージアム)

八代市立博物館未来の杜ミュージアムでは、平成31年4月19日より「肥前陶磁の美」が開催されます。

百花繚乱のやきもの散歩

春季特別展覧会は、西日本を中心とする各地の美術館・博物館が収蔵する優れたコレクションを紹介・展示するもので、国内外の名作にふれる貴重な機会となっている。

佐賀県と長崎県に花開いたやきもの文化は、世界を魅了する精緻で色鮮やかな芸術性を持つとともに、日々の暮らしに寄り添う器として息づいてきたと評され、2016年4月、「日本磁器のふるさと肥前~百花繚乱のやきもの散歩」として日本遺産に認定されました。

この展覧会は、そのような肥前陶磁器の世界を、佐賀県立九州陶磁文化館所蔵品のなかから選りすぐった名品の数々によって紹介します。唐津焼にみる侘びの美学、有田の磁器にみる端正で華やかな世界など、やきものの魅力をたっぷりと味わうことができます。

また、佐賀県立九州陶磁文化館は、やきもの専門の美術館として世界的に知られ、毎年充実した企画展を開催して全国のやきものファンを魅了し続けています。2017年秋には、熊本地震復興祈念特別企画展「熊本のやきものー近世から現代まで、火の国の陶磁文化ー」を開催、肥後の陶磁器の魅力を全国に発信。

今回の展覧会は、「熊本のやきもの」展に呼応するものでもあります。佐賀県と熊本県の新たな文化交流の契機となれば幸いです。

八代市立博物館未来の森ミュージアムの了解を得て情報提供しております

今すぐ電話する