G3-Vol.130  田中智之の解体新書展(熊本市現代美術館)

令和元年8月28日〜10月27日の期間、熊本市現代美術館にて「田中智之の解体新書展」が開催されます。

入場無料

開催概要

田中智之は、熊本大学で建築を教える傍ら、通称「タナパー」と呼ばれる、建築物をX線で透過したかのような、青ペン1本で内部構造を表現する驚異的なパース画で知られます。本展では、その「タナパー」を中心に、近年の多岐にわたる田中の仕事を「解体」し、ご紹介いたします。

期間:令和元年8月28日〜10月27日
会場:熊本市現代美術館 ギャラリーⅢ

関連イベント

関連情報

この記事に関するご意見・訂正・追加の受付をしております

熊本を趣味で応援するオールクマモトの配信内容を、より良く、より正確に、より詳しく、より丁寧なものとするために、お気づきの点がありましたら、ぜひご指導ください。