うつくしきグラス展(島田美術館ギャラリー)

  2020年7月15日(水)~20日(月)の期間、島田美術館ギャラリーでは「うつくしきグラス」を開催します。

概要

繊細な線、心躍る色彩、華麗な模様。
3人のガラス作家が作り出す個性溢れるグラスが夏のくらしを涼やかに彩ります。

プロフィール

伊藤太一【吹きガラス】
1975年山口県出身在住
米アートカレッジにて陶芸、吹きガラスなど多様な技術を習得
富山ガラス造形研究所研究科卒
2004年 個人工房たいちグラスアート設立

中村敏康【切子】
1975年福岡県出身在住
九州産業大学芸術学部卒
富山ガラス造形研究所造形科卒
2006年大分県にこびん工房設立
2017年福岡県糸島市に移設

島田真平【吹きガラス】
1975年熊本県出身在住
琉球ガラス作家佐久間正二氏に師事し吹きガラスを始める
富山ガラス造形研究所造形科卒
2004年 SHIMADA SHINPEI GLASSWORKS 設立

島田美術館ギャラリー

島田美術館は熊本ゆかりの武家文化に関する古美術資料を年に3回ほどテーマを変えて企画展・常設展で紹介している(入館料要)。併設する「ギャラリー」では、数日〜2週間程度のサイクルで熊本県内外の様々なジャンルの作家による作品展を行っており、こちらは観覧無料。また敷地内にはcafeもあり、それぞれを回遊してくつろげる場となっている。

アクセス

〒860-0073 熊本県熊本市西区島崎4丁目5−2
096-352-4597
駐車場あり