第Ⅲ期 新発見!大名・細川家の日々のお道具(熊本県立美術館)

開催概要

会期  2020年10月3日(土)~2020年12月13日(日)
会場  別棟展示室
休館日 毎週月曜日(月曜祝日の場合は開館し、翌平日休館)
※10月12日(月)、11月30日(月)は「障がいのある方々のための鑑賞デー」として開館します。
■( )内は20名以上の団体料金
■高校生以下 無料/障がい者手帳をお持ちの方 無料

細川家を彩った日々のお道具

 熊本県立美術館で保管されている公益財団法人永青文庫が所蔵する美術工芸品の一部には、細川家の藩主が着用した甲冑や、屋敷に飾った絵画や書、お姫様の婚礼調度など、細川家の生活文化を彩った様々なお道具が含まれています。平成20年度から、文化庁による国庫補助と、県内の企業からの寄付金をもとにした「永青文庫常設展示振興基金」により、これらの道具の制作年代や使用目的、所用者などを調べるための詳細な調査を行ってきたそうです。

 今回の展覧会では、調査の完了した作品のうち、細川家の儀礼や生活の中で用いられてきた「調度」にスポットをあて、様々なお道具が紹介されています。
江戸から熊本に移り住んだお姫さまが使用した調度、皇室から拝領した盃、お膳やお椀といった飲食器など、彩り(いろどり)にみちたお道具の世界が楽しめる展覧会となっています。

熊本県立美術館 本館

熊本県立美術館は、国の特別史跡である熊本城の二の丸広場の一角に位置し、古代から現代美術までを網羅する総合美術館として昭和51年3月に開館しました。
考古、絵画、版画、彫刻、工芸、書蹟などが収蔵・展示され、なかでも装飾古墳室は古代の造形美をわが国における美術の原点としてとらえた特徴ある施設です。

熊本県立美術館HP

〒860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸2−2
+81963522111

アクセス

この記事に関するご意見・訂正・追加の受付をしております

熊本を趣味で応援するオールクマモトの配信内容を、より良く、より正確に、より詳しく、より丁寧なものとするために、お気づきの点がありましたら、ぜひご指導ください。