八代港の概要

八代港は、熊本県で唯一「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」や「オベイション・オブ・ザ・シーズ」といった、大型クルーズ船入港寄港可能な港です。つまり熊本県最大の港ということです。

八代港の大型クルーズ船

八代港国土交通省により、国際クルーズ拠点に選定された港で、入寄港する船舶の数は増加の一途をたどっています。同時に、熊本県からも「創造的復興に向けた重点10項目」の一つに位置づけられて、世界有数のクルーズ船社であるロイヤル・カリビアン・クルーズ社とともに、「八代港のクルーズ拠点形成計画」に取り組んでいるところでもあります。

八代港への大型クルーズ船の入港・寄港の予定や情報については、下記「大型クルーズ船入港予定」のリンク先にて正確な情報が確認できます。

しかしながら、入港予定がわかったところで、基本的には入出国管理の都合で船そのものに近づくことすら出来ません。

豪華客船の乗客たちは、停泊中は観光もお買い物もリムジンバスで決められたルートを移動しているようです。※掲載写真は、たまたま八代港の入管?警備?の方に奇跡的に撮影を許された時の写真です。

実際に観光客の数は増えているようだが、観光マナーが問題になりつつあるようです。

平成30年5月からは、新コンテナターミナルの供用も始まり、物流拠点としても大きな発展を遂げています。

八代市には広大な業業地帯と同時に工業地帯もあり「田園工業都市」として個性を放っています。未知の魅力がたくさんあるってことですね。

関連ホームページ

八代港ポートセールス協議会

八代港(九州国土交通局・熊本港湾・空港整備事務所)

八代港(熊本港湾協会)