肥後 菊池氏 について

肥後の菊池氏は肥後熊本の歴史の中でも名門貴族としてその名を轟かせています。

熊本の県北・菊池市を中心に平安時代後期~室町時代にかけて450年もの間活躍した一族です。源氏物語蒙古襲来絵詞太平記などの書物にその軌跡を遺している大豪族です。

菊池氏の歴史

菊池氏の出自

菊池氏は1019年の刀伊の入寇で戦功を挙げた大宰権帥藤原隆家の孫とされる藤原則隆が肥後国に入国したのが1069年と言われており、藤原則隆を菊池氏の祖としてる。最近の研究では初代・則隆は藤原家に伝えた武人であったというのが有力されています。

当時の菊池市一体は、大宰府天満宮領赤星荘という、太宰府の荘園でした。ここに藤原則隆が荘官(代官?)として赴任して深川(佐保川八幡宮そば)に居を構えます。これが菊之城にあたり、現在も跡地が菊池市の指定文化財として遺っています。

その後3代目藤原経隆は領地を固めつつ筑豊地方へ進出し、鳥羽上皇に寄進することで朝廷とのつながりも強めます。結果として4代目経宗は鳥羽院武者所という現在の皇宮警察に近い職種に就いたそうです。また、5代目の経直も同じく出仕できたそうです。このころには藤原から菊池姓として認識されてるのかなぁ?

源平~鎌倉時代

6代隆直~9代隆泰のころ(12世紀中頃)で、菊池氏にとっては苦しい時代になります。

平清盛が肥後守に就任し平家によって菊池氏も平家の家人として組み込まれ、源頼朝が挙兵すると、6代目の隆直が養和の乱を起こして平家に抵抗したが、降伏したり、治承・承久の乱に参加したり、なんとか源氏の御家人に名を連ねることができたとおもっても、守護に任じられた少弐氏や大友氏・島津氏ほどの恩賞はもらえず冷遇されていたそうです。

蒙古襲来

この状況を挽回したのが10代目の武房で、竹崎季長が主人公の「蒙古襲来絵詞」でも「格好良く・爽やか」と絶賛されている活躍ぶりです。しかし、鎌倉幕府からのご褒美は甲冑一式。菊池氏に限らず、「御恩と奉公」の図式が崩れたので武士の心は幕府から離れていきます。

室町時代(初期~南北朝時代)

菊池氏は後醍醐天皇のそばに仕えた13代武重は、日本各地を転戦します。関東で戦っているときに足利尊氏が九州に逃れ少弐氏などを頼って下関まで来た隙に、武重の弟・武敏が少弐貞経を攻め滅ぼしました。

この勢いを借りて阿蘇惟直・秋月種道・蒲池武久・星野家能などで多々良浜の戦いに臨むも敗退。武重もなんとか帰国して足利方との戦いに明け暮れた。

南朝の懐良親王は鹿児島から阿蘇惟澄の本拠地御船を経由して隈府城に入城したそうです。

その後も菊池氏は観応の擾乱と南北朝時代の三すくみの状態のなかで、もがきながらも、時代をつないでゆく。

室町時代後半

18代兼朝は室町幕府に従順・忠実ではなかったが守護の阿蘇市が阿蘇郡にしか支配力がないことを知り、室町幕府は兼朝を肥後守護職に任じる。19代持朝は大内氏とともに少弐氏・大友氏と戦い、筑後守護職を与えられる。その後20代為邦のときに、筑後守護職を奪われる。

また肥後も阿蘇氏が阿蘇大宮司立場を以て阿蘇郡を掌握しており、菊池氏の勢力は小国のみに浸透していた。球磨郡や葦北郡は古来より相良氏のものであったし、八代郡の名和氏は親しく手が出せない。

肥後の守護職でありながら、すべてを掌握できない状況がここにあった。

その後の菊池氏は一族で争うことが目立つようになり、大友氏や阿蘇氏などに所領を奪われ滅亡してゆく。

その所領は、赤星氏・城氏・隈部氏などが領有し、肥後国も戦国の世を迎えるに及んだ。

歴代当主一覧

  1. 藤原則隆
  2. 藤原経隆
  3. 藤原経頼
  4. 菊池経宗
  5. 菊池経直
  6. 菊池隆直
  7. 菊池隆定
    • 菊池隆継
  8. 菊池能隆
  9. 菊池隆泰
  10. 菊池武房
    • 菊池隆盛
  11. 菊池時隆
  12. 菊池武時
  13. 菊池武重
  14. 菊池武士
  15. 菊池武光
  16. 菊池武政
  17. 菊池武朝
  18. 菊池兼朝
  19. 菊池持朝
  20. 菊池為邦
  21. 菊池重朝
  22. 菊池能運
  23. 菊池政隆
  24. 菊池武経 – (阿蘇氏より)
  25. 菊池武包 – (詫磨氏)
  26. 菊池義武 – (大友氏)

関連情報

 

一緒に熊本を応援する?