そして、サンタ・マリアがいた-キリシタン復活物語-(熊本県立劇場)

平成30年12月1日・熊本県立劇場にて「そして、サンタ・マリアがいた-キリシタン復活物語-」が開催れます。

1865年3月17日、長崎は大浦天主堂で起きた浦上のキリシタンとフランス人宣教師との歴史的出会いを中心に「同じ思いを伝えること」の意義をテーマにした約1時間50分の劇。

出演の「劇団さばと座」は、長崎のカトリック信者と神父など約60人によって結成された劇だそうです。

一緒に熊本を応援する?