八代市戸建木造住宅耐震化支援事業(平成30年度改定版)

戸建木造住宅耐震化支援事業を八代市も取り組んでおり、この度平成30年度の改訂版がアナウンスされました。

八代市戸建木造住宅耐震化支援事業の概要

補助の上限は100万円となっています。

補助の要件

補助の要件としては、対象木造住宅が戸建で3階以下であり、所有者が住んでいること、在来軸組構法、枠組壁工法、伝統的構法によって建築されており、昭和56年5月31日以前に着工していることが必要。また熊本地震で罹災していることが必要で、申請者の税金滞納がないことも確認されます。

なるほど、こういうところで罹災証明が活躍するんですね…

対象事業・補助金額

  • 耐震改修設計
  • 耐震改修工事
  • 耐震建替工事
  • 耐震シェルター工事
  • 耐震改宗設計工事

耐震診断の結果、倒壊の可能性があるかどうかを「熊本県戸建て木造住宅耐震診断士派遣事業」を活用すると良いでしょう。

受付期間は平成30年12月14日までとなっています。

申込などの手続きについては下記の「関連情報」から公式情報をご確認下さい。

関連情報

八代市:八代市戸建木造住宅耐震化支援事業のお知らせ(平成30年度改定版事業受付のご案内)

一緒に熊本を応援する?