田川内第一号古墳の特別公開(八代市)

熊本県内の装飾古墳が一斉公開に合わせて、八熊本県指定史跡「田川内第一号古墳」も特別公開されます。通常は古墳の保存のため見学できないので、貴重な機会となりそうです。

田川内第一号古墳とは

横穴式石室の内部に装飾をもつ古墳です。5世紀後半の豪族の墓と考えられており、全体的に削平されており、本来の墳丘の形状は不明ながらも「円墳」であったと推測されている。

石室の中は、大小の板状の石でドーム状の天井が築かれており、板石でコの字に仕切られてるそうです。特徴としては板石や壁面に、同心円文や円文が彫られ、石室全体に朱が塗られている点とのこと。

土器や刀子、貝輪、勾玉などが出土しました。

概要

公開日時:平成30年10月27日(土曜日)午前10時~午後4時
公開場所:田川内第一号墳 八代市日奈久新田町
受付・駐車場:八代市日奈久新田町 新田町公民館田之川内分館

※駐車スペースが限られていますので、できるだけ公共交通機関又は乗り合わせてお越しください。
※見学される際には、係員の指示に従ってください。
※1度に見学できるのは3~4人ずつです。お待ちいただく場合がありますのでご了承ください。

関連リンク

八代市:田川内第一号古墳を特別公開します!