菊池ライド2018(菊池市旭志支所)

平成30年11月18日、熊本県サイクリング協会は「菊池ライド2018」を開催します。

歴史ある菊池一族の城下町の名所・史跡を巡りながら歴史と菊池の特産品を堪能しながら、菊池の田園風景を走り抜けるイベントです。

集団走行サイクリングで、74kmと40kmのコースがあるそうです。

参加資格は小学生以上で150名定員となっています。

参加申し込み方法などは熊本県サイクリング協会HP「菊池ライド2018」をご確認下さい。

菊池一族

菊池氏は現在の菊池市周辺の領主として平安時代〜戦国時代栄えた武家です。

初代は藤原則隆という、当時の太宰府天満宮の荘園:赤星荘の荘官として赴任してきて、菊池一帯を治めたようです。

この藤原則隆という人は、太宰権現の藤原隆家の末裔と言われていたが、最近の研究では地元住民である人が藤原家(藤原北家)の家来となって、菊地周辺に土着したという説が有力なようです。そしてその祖をたどると紀姓のようです。まぁわからないことも多いみたいです。

鎌倉時代は元寇で活躍したり、南北朝時代も地方豪族として奮戦したり、戦国時代は大友・阿蘇と死闘を繰り広げ歴史を刻んできましたが、1504年ころには家督を阿蘇・大友に奪われ滅亡してしました。

一緒に熊本を応援する?