リフォームコラム 塗装工事の工程 下地処理について

養生作業を行う前に、下地の状態をチェックして、問題がある場合は補修をします。よくある劣化は外壁のクラックやサイディングの目地のひび割れです。サイディングの目地は打ち増しか打ち替えで補修をします。その他に剥がれた塗料の除去、サビ止めの塗布などで下地を調整し塗料の密着を高めます。下地処理は上塗りをする前に塗装面を整える重要な作業です。この工程が塗料の耐久年数や仕上がりの美観性に大きく影響してきます。塗料の耐久年数は、環境にも左右されますし、美観性も上塗りが適正に塗られなければ損なってしまいます。この下地処理の工程が正しく行われなければ、環境以前に塗膜の剥がれや劣化を招き、上塗りの塗料がキレイに密着出来ずに美観は得る事は出来ません。

一緒に熊本を応援する?