Googleストリートビュー(屋内版)弊社SRをご覧になれます

リ・ホーム熊本も

Googleストリートビュー(屋内版)を導入しました。

 

Googleは

2007年にストリートビューが世界でサービス開始。

2011年からインドアビューのサービスを開始。

日本では、2012年から始まり、当時は「おみせフォト」というサービス名だったそうです。

20159月にはインドアビューから「Googleストリートビュー」に名称が変わったとの事。

 

Googleストリートビュー(屋内版)とは

今ではほとんどの方がご存知の屋外Googleストリートビューと同様に、

今度は建築物内の部屋をぐるりと見渡せるサービスです。

 

Googleマップから目的の建物名を検索し、

その建物内をパノラマのように360度見ることができます。

色々な店舗、レストラン、ホテル、学校なども採用しているようです。

 

まるで行ったかのような気分になるから不思議です

 

以下のようなページをインターネットで見つけましたのでリンクさせて頂きました。

【ストリートビュー“絶景や世界の名所を見て回ろう” 】出典:Google

世界や日本の有名な場所や建物などの施設内を見ることができます。

何と宇宙船内のストリートビューもありました。

熊本地震で被災した熊本城や東日本大震災に関する施設も掲載されていました。

必見の価値がありそうです。

 

Googleストリートビュー(屋内版)は、

インターネット環境が整っていれば、いつでもどこでも世界中の施設内を

見て回ることが可能。

パソコンならばマウス、スマホであれば指一本でぐるりと室内が見渡せます。

 

それは、仮想現実(バーチャルリアリティ)の世界。

皆さまが行きたい場所を前もって確認し情報を得るメリットもあります。

 

弊社のストリートビューの撮影は

福岡から来られたカメラマンさんによって行われました。

 

カメラマンは、

Googleから正式に認定された正規の方。

 

撮影は、

道路側→建物に近づき→ショールーム入口までのエントランス→ショールー内部をグルッと廻り→いったんドアから出てローンプラザルームへの階段を上がり→ローンプラザルームの中へ入り撮影。いう流れでした。

 

この撮影風景を、ブログに載せたいと思った弊社のHP担当者は

カメラマンさんに

「リ・ホーム熊本のホームページに掲載したいので、

撮影風景を撮っても構いませんか?」

とお願い。

カメラマンさんは、にこやかに

「こんな私でもよかったら(^-^)」と快くご承諾下さいました。

ご許可いただき感謝いたします。

 

カメラマンさん道路側から撮影スタート。

hp-2view1

ショールームのアプローチ

hp-2view2

ショールーム内

hp-2view3

中二階のローンプラザルームの入り口

hp-2view4

撮影カメラはこんな感じ

hp-2view5

ファインダーに映る画像

hp-2view6

こんなところまで撮影させて頂きました!

 

そして出来上がったのはコチラ!クリックして別タグでご覧いただけます。

室内画像をマウスや指を使って、

ぐるりとたどって弊社がどんな雰囲気なのかをご確認ください!

hp-2-streetview

 

 

そして、

バーチャルで体験したら、

次は、いよいよ弊社のショールームへ来てお確かめ下さい!

 

リフォームやリノベーション、網戸の張替から増改築まで。

資金確保から住宅ローンに関する事などなど・・・

どんなことでもお気軽にご相談頂けますよ!

 

すでに、ストリートビューで体験済みですから、

安心してご来社いただけると思います(^^

 

スタッフ一同お待ちしています!

 

 

 

 


【私たちは【お客様の想いを知ることから始めます!】
株式会社 リ・ホーム熊本
熊本市東区長嶺東5-8-10
フリーダイヤル:0120-182-471
ホームページNo.1(オフィシャルHP) URL:http://www.re-homekumamoto.com
日本住宅リフォーム産業協会(JERCO): http://www.jerco.or.jp
Buzip+熊本:http://buzip.net/kumamoto/re-homekumamoto/
sekoujirei
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
熊本県・熊本市(中央区・東区・西区・南区・北区)上益城郡・下益城郡・阿蘇市・阿蘇郡
合志市・宇城市・宇土市・八代市・菊池市・菊池郡・玉名市・山鹿市・天草など、
その他市町村もご相談承ります。
リフォーム・リノベーションは株式会社リ・ホーム熊本へ!

一緒に熊本を応援する?