危険な暑さと被災地襲う台風、被害がありませんように

 

酷暑続きの7月の天候、

そしてやがて夏本番の8月へ・・・

皆様のご体調は大丈夫でしょうか?

 

異常な高温が続く日本各地。

7月は、最高気温の更新という残念な記録が・・・

 

埼玉県では、なんと41.1度という観測史上最も高い気温を記録。

情報出典:歴代全国ランキング気象庁HPより

 

熊本でも40度近い気温が出ています。

3638度なんて日常的に。

 

こんな日が続くと、私たちの感覚も次第に麻痺して、

猛暑日の35度と聞いても、驚かなくなっている自分に驚きます。

 

気象庁は、連日の猛暑を受けて異例の会見を開き、(723日付)

「40℃前後の暑さはこれまで経験したことのない、命に危険があるような暑さ」

「1つの災害と認識している」

と発表しました。

 onndo

画像出典:気象庁

 

 

日本以外でも様々な異常気象が起こり、

まさに地球規模で温暖化が進んでいることを裏付ける事実かもしれません。

このままでいくと本当に怖いですね!

 

そして今度は台風の心配が・・・

【台風12号は八丈島の東約200kmを北西に移動中】との事。

20187281245分現在)

taifuu-2

画像出典・リンク:YAHOOJAPAN天気・災害

 

また、
異例づくめの台風12号 7月最大級の勢力で、東から上陸へ

リンク先:YAHOOJAPANニュース

という怖い情報も。

 

こんな情報もありました。

台風12号異例のコース 「これまでの経験が通用しない場合がある」

出典:YAHOOJAPANニュース

 

豪雨でご被災なさったご地域の皆さまと

台風の進路上にある方々の身に

さらなる被害が及ばないことをお祈りします。

 

 

 

今後、台風によって一時は気温も下がるという話もあるようです。

ところが、台風一過後の8月には再び暑さが戻るとの予想・・・・

 

皆さま、体調管理をしっかりとお願いいたします。

 

 

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

今年の猛烈な暑さのせいか、

リフォーム&リノベーションのご依頼の際に、

お客様から断熱に関するご相談をたくさんいただきます。

 

断熱の方法として一般的には、

天井、壁、床に断熱材を敷設したり、吹き付け材を充填する工法が考えられます。

 

また、窓ガラスは熱や寒さを伝えやすいため、

二重サッシに交換して熱の流入を防ぐことも重要です。(防音効果も生まれます。)

もちろん、部屋の気密性を高めておくことは言うまでもありません。

それが冬の季節になると、今度は寒さ対策として活かされます。

 

冷房の効いた部屋にいても、プールや海の水に浸かっていても熱中症になるという

「命に関わる」今年の暑さ

 

さらに台風の恐怖。

 

皆さまどうか暑さ対策と台風に対する備えを可能な限り対策し、

お家を安心・安全な場所として見直していただくようお願いいたします。

 

 


【私たちは【お客様の想いを知ることから始めます!】
株式会社 リ・ホーム熊本
熊本市東区長嶺東5-8-10
フリーダイヤル:0120-182-471
ホームページNo.1(オフィシャルHP) URL:http://www.re-homekumamoto.com
日本住宅リフォーム産業協会(JERCO): http://www.jerco.or.jp
Buzip+熊本:
sekoujirei
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
熊本県・熊本市(中央区・東区・西区・南区・北区)上益城郡・下益城郡・阿蘇市・阿蘇郡
合志市・宇城市・宇土市・八代市・菊池市・菊池郡・玉名市・山鹿市・天草など、
その他市町村もご相談承ります。
リフォーム・リノベーションは株式会社リ・ホーム熊本へ!

一緒に熊本を応援する?