熊本市:熊本城飯田丸五階櫓石垣解体工事について

熊本市は熊本城飯田丸五階櫓石垣解体工事を平成30年6月19日から開始する。

熊本城飯田丸において以下のとおり工事に着手しますので、お知らせします。

1.工事名: 熊本城飯田丸五階櫓石垣復旧工事(その5)

2.工事経緯(被災状況含む)

熊本地震(平成28年4月14日、16日発生)により被害を受けた熊本城飯田丸五階櫓の石垣を解体する。地震直後、飯田丸五階櫓は下部の石垣が崩落し角石のみで支えられた状況にあったため、平成28年度に倒壊防止措置として櫓の上部よりアーム状の鉄骨の支えを設置する緊急対策工事を行った。その後、下部より櫓を支えるものとして倒壊防止構台を組み立て、仮受構台解体後、櫓の解体及び部材の格納が完了したため、倒壊防止構台及び石垣の解体を行う。

3.工事期間

平成30年6月19日から平成31年3月31日まで

4.工事概要

石垣解体工事 1式

仮設工事 1式

5.工事対象石垣概要

石垣4面(総面積約900㎡、うち解体面積約400㎡)

石垣最大高 約15m

6.今後のスケジュール

平成30年7月 1本石垣解体着手、倒壊防止構台解体着手

平成30年11月 石垣解体着手

平成31年3月 石垣解体完了(予定)

https://kumamoto-guide.jp/kumamoto-castle/news/detail/243