熊本県立美術館展覧会情報「武家の装い」

会期を平成30年7月15日まで延長し19時30分まで夜間会館しています。

熊本県立美術館では、7月8日(日)まで、中世螺鈿鞍の名品《巴螺鈿鞍》(重要文化財)が新たに寄贈されたことを記念して、細川家伝来の武具を中心に武家の装いをご紹介する 「武家の装い-巴螺鈿鞍と新しい熊本の宝」を開催中。新収蔵品の堅山南風《争魚》、伊藤若冲《鶏図》も併せて展示しています。

武家の装いー巴螺鈿鞍と新しい熊本の宝.jpg

関連リンク:細川コレクション展第Ⅰ期〈特集〉武家の装い(県立美術館)