老齢年金を受けるための資格期間が25年から10年に短縮

日本年金機構によると、老齢年金を受け取るための保険料納付期間がこれまで25年だったのが、10年に短縮されるそうです。

対象者には、順次年金請求書を黄色い封筒で送付しており、手続きを行うように促しているとのこと。

詳しくはこちらをご覧ください

一緒に熊本を応援する?