8月2日 熊本県総合防災航空センター現場見学会

アートポリス参加プロジェクトである熊本県総合防災航空センター九州を支える広域防災拠点構想(H26.1)に基づき、防災関係ヘリの広域活動拠点として整備が進められており、九州における災害時の拠点としての役割を担うことになります。

また、大空間の構成や防火性、耐震性を要求するヘリ格納庫における県産木材の活用にも取り組んでいます。

これらの取組みを建築に携わる人材育成を目的として大規模な木架構の現場を学ぶ機会として見学会を開催します。

一緒に熊本を応援する?