小国町:木の駅プロジェクトと薪ボイラーについて

木の駅プロジェクトとは「軽トラとチェーンソーで晩酌を」を合言葉に、地域にある間伐材や林地残材といった有効活用されていない森林資源を、山林所有者や森林ボランティアが「木の駅」に出荷し、地域通貨(モリ券)を対価として得ることで森づくりと地域活性化、ひいては木質ボイラーの燃料(薪)として使用することで地球温暖化防止を目指す取り組みです。

一緒に熊本を応援する?