M様(熊本市・女性)からのメール

梅木様 スタッフご一同様

拝啓

暑い日が続きますが皆様におかれましては益々ご健勝の事とお喜び申し上げます。
先日、協議離婚が成立しました事をご報告したく筆を取らせて戴きました。乱筆乱文ではございますがどうぞご容赦下さいませ。

6月の初め、私が連絡もせずいきなり御社に伺ったにも関わらず嫌な顔ひとつ見せず丁寧にご対応戴いた事が昨日の様に思い出されます。主人の女性関係で喧嘩になった勢いそのままに御社のドアを叩いた事が今では何と冷静さを欠いた行為だったかと思うと顔から火が出るような恥ずかしさを思い出します。にも関わらず「まずは落ち着いて今までの経緯を整理してみましょう」と私に落ち着きを与え、当時最も心の拠り所として気持ちを軽くしてくれた梅木さんには感謝しかございません。

当時梅木さんは「ここまで話が進んでいるのであれば調査を実施しても結果が出ないかも知れません」と、私を諭し契約は充分考えてから行う様に進言して戴きましたが私はどうしても真実を知りたく無理に調査をお願いしてしまいました。結果、梅木さんのおっしゃった通り、調査で結果が出ず梅木さんはじめ皆さんには暑い中何度もご足労戴き真摯に調査に取り組んで戴きました。本当に申し訳ない気持ちで一杯です。

残念ながら、私の先走りもあり、浮気現場の証拠はありませんでしたが、皆さんは「結果が出ていないから」と言う理由でご契約させて戴いた以上の日時を私の為にさい割いて下さり私が充分納得するに値する調査を実施して戴きました。更にはその後も毎日の様に電話して相談する私に今後の道標をご指導下さった事は一生忘れる事の出来ない存在です。
長年、主人の女性関係には悩まされ続けました。しかし先行きの見えない不安で泣き寝入りするしか出来ない地獄の様な結婚生活でした。そんな私に梅木さんはじめ御社の皆さんは勇気を与えて下さいました。何度も言いますが感謝だけでは足りない位の気持ちです。本当にありがとうございました。

お陰様で現在私は実家に戻り、父母の家業を手伝い、忙しくしている毎日です。しかし当時私達夫婦喧嘩の犠牲になり学校を休みがちだった長女が転校と同時に水を得た魚の様に楽しく新しく出来た友達と学校へ通学する姿を見ると「何でもっと早くこう出来なかったのか」と、嬉しいやら後悔するやら複雑な気持ちにもさせてくれます。私に「気づき」を与えてくれた皆様の存在は私の中で限りなく大きなものです。本当にありがとうございました。

最後に、気持ちばかりではありますが実家で育てているメロンを送らせて戴きました。お口に合うかどうかはわかりませんが私の両親が「お世話になった方達へ」と送る様に勧めてくれました。どうぞ皆さんで召し上がって戴ければ幸いです。

敬具

一緒に熊本を応援する?