桑鶴遺跡群第2次出土遺物デジトレ等業務委託の一般競争入札

この記事の最終更新日時は2017年6月19日です。最新情報にご注意ください。

熊本市は、桑鶴遺跡群第2次出土遺物デジトレ等業務委託の一般競争入札を行います。

以下熊本市」より引用

次のとおり条件付一般競争入札に付すので、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の6第1項及び熊本市契約事務取扱規則(昭和39年規則第7号)第3条の規定により公告したことをお知らせします。

1 競争入札に付する事項

(1) 業務委託名

桑鶴遺跡群第2次調査区出土遺物デジタルトレース等業務委託

(2) 目的及び概要

本業務委託は、桑鶴遺跡群第2次調査区の発掘調査で出土した遺物の実測を行い、記録保存するもの。

(3) 履行場所

受託者作業地

(4) 履行期間

契約日から平成29年10月30日まで

 

2 担当部局

〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号

熊本市経済観光局文化・スポーツ交流部文化振興課埋蔵文化財調査室

電話096-328-2740(直通)

3 入札手続の種類

この案件は、入札前に条件付一般競争入札に参加する者に必要な資格(以下「競争入札参加資格」という。)の確認を行い、競争入札参加資格があると認められた者による入札の結果に基づき落札者を決定する方法により入札手続を行う。

4 競争入札参加資格

次に掲げる要件を全て満たすものであること。

(1)   熊本市業務委託契約等に係る競争入札等参加資格審査申請書を提出し、熊本市業務委託契約等に係る競争入札参加者等の資格等に関する要綱(平成20年告示第731号)第5条に規定する参加資格者名簿に登録されている者であること。(さらに、業種として、第1分類「文化財調査」・第2分類「埋蔵文化財発掘調査」業務での登録をしていること。)

(2)   地方自治法施行令第167条の4第1項の規定に該当しない者であること。

(3)   会社更生法(平成14年法律第154号)第17条又は民事再生法(平成11年法律第225号)第21条の規定による更生手続又は再生手続の開始の申立てがなされた場合は、更生計画の認可決定又は再生計画の認可決定がなされていること。

(4)   熊本市が締結する契約等からの暴力団等の排除措置要綱(平成18年告示第105号)第3条第1号の規定に該当しないこと。

(5)   熊本市から「熊本市物品購入契約及び業務委託契約等に係る指名停止等の措置要綱」(平成21年告示第199号。以下「指名停止要綱」という。)に基づく指名停止を受けている期間中でないこと。

(6)   消費税及び地方消費税並びに熊本市税の滞納がないこと。

(7)   業として当該競争入札に付する契約に係る業務を営んでいること。

(8)   熊本市内に本店又は支店、営業所等を有する者であること。

(9)   同種業務の実績があること。

5 申請書等の提出期限

平成29年6月30日(金曜日)午後5時まで

引用元:熊本市